G1重賞の馬体診断予想、馬券の買い方、競馬予想を配信する競馬メルマガ『

2010年05月29日

2010 東京優駿 日本ダービー 馬体診断予想

武虎です。


待ちに待った「日本ダービー」の馬体診断予想です。


〓 MENU 〓
□ 日本ダービー馬体診断予想
□ POGネタ


□ ダービー 馬体診断予想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇当『馬体診断予想』の特徴について
http://batai.taketora3.com/
◇当『馬体診断予想』の独自用語一覧
http://cli.gs/eeW3hd


■ アリゼオ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】B 【期待値】C
------------------------------------------------
重心低く胴伸びあり、ワンペースの中距離馬のシルエ
ット。標準的な首差しも、胸前やトモのボリュームが
あり、中山・阪神向き。重めに映る造りで、東京・京
都向きの一線級が揃うここでは、勝ち負け疑問。


■ エイシンフラッシュ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】A 【コース】B 【 距離 】B 【期待値】B
------------------------------------------------
初見で「間違いなく重賞級」と同時に、「最も皐月賞
馬に近い」とみた馬体。肩立ち気味で、胸前や前腕の
筋肉バランスなど、基本中山・阪神向きだが、東京・
京都が苦手という造りでもない。首差し長く、全体の
バランスやつなぎからも、芝G1で勝ち負けするスケー
ルもある。今年でなければ勝ち負けレベルだが。


■ ゲシュタルト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】A 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
初見。短背長腹と走る馬のシルエットで、軽めの首差
しや斜尻など、SPの裏づけある東京・京都向きな馬体
。ただ胸前コンパクトで、完成度も含め善戦まで。


■ ダノンシャンティ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】A 【コース】B 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
フジキセキ産駒の牡馬らしく、短めの首差しで、前傾
姿勢。筋骨隆々でこのメンバーでも筋肉量は屈指。そ
れでいて同馬は、き甲が非常に大きく肩が深いため、
単なるパワータイプでなく、前駆の稼動域も広く、東
京・京都コースでも問題ない。

トモも斜尻で飛節も含め、とにかくSPの絶対値が高い
マイラー体型だが、その懐の広さから、心肺機能も抜
群で、現時点では距離も問題ない。同厩舎の先輩モン
テクリスエスから“現役屈指の筋肉マン”の称号を引
き継ぐのはこの馬か。例年なら勝ち馬だ。


■ トゥザグローリー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】A 【コース】B 【 距離 】A 【期待度】B
------------------------------------------------
初見。雄大な馬体の割に、首差し厚過ぎて、胸前やト
モなども丸みある筋肉と重い。今後軽さが出てくれば
、スケールもあり期待できるが、現状、馬体シルエッ
トと筋肉や脚元など少しアンバランス。今後に期待。


■ ハンソデバンド
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】A 【 距離 】B 【期待値】B
------------------------------------------------
重心低めで胴伸びあり中距離馬のそれ。首差しが軽く
、肩も深さがあり、飛節やつなぎの角度からも、東
京・京都向き。前走は馬体から苦手な中山としかたな
い印象も、さすがに適正だけでは善戦がギリギリ。


■ ヒルノダムール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】B 【期待値】B
------------------------------------------------
首差しや胸前、トモなど馬体バランスよく、無駄がな
い造り。トモの筋肉バランスがよく、直飛で一瞬の爆
発力といった加速SPに優れた中山・阪神向き。大崩な
い馬で精神面が良さそうだが、前走ベストの条件のた
め、今回逆転は厳しいとみる。


■◎ペルーサ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】SS【コース】S 【 距離 】A 【期待値】S
------------------------------------------------
初見。これまで馬体写真なく、前走も当歳時の馬体写
真を参考にしたが、それでも文句なしの馬体が一目で
わかるほど。

{首差しの形・ライン、き甲の位置、肩の長さ、胸前
の深さ、首差しから背線のライン、斜尻に力強く角度
ある飛節、やわらかなつなぎ}と馬体はほぼ「パーフ
ェクト」。多少馬体バランスから、四肢が短めに映る
ため、菊の舞台なら付け入る隙もあるが、東京2400m
で馬体から不安皆無。勝つのはこの馬だ!


■ ルーラーシップ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】A 【コース】A 【 距離 】B 【期待値】B
------------------------------------------------
初見。三角の首差しや深い胸前など、母エアグルーヴ
の良さを受け継いでいる。素軽く東京・京都ベターだ
が、き甲もまだ抜けてきそうで、筋肉のつき具合など
から完成度今ひとつ。素質でどこまで。


■ ローズキングダム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】A 【コース】A 【 距離 】A 【期待値】A
------------------------------------------------
多少き甲の位置が前目で、その分肩のラインが若干立
ち気味に映るが、首差し軽く肩の自体は深さがある。
四肢長めで、特筆すべきつなぎの角度から、東京・京
都向き。馬体容量コンパクトで、スケール普通だが、
素軽さという武器がある。


■ ヴィクトワールピサ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】S 【コース】A 【 距離 】S 【期待値】S
------------------------------------------------
首差しから背線のラインが理想的な雄大な馬体。胸前
に深さもあり、さらにここにきて、以前の薄さがなく
なり、胸前や腹回りトモなどの筋肉量もアップした印
象。四肢も長く、飛節やつなぎともバランスもいい。

皐月賞時にも書いたように、皐月賞より断然ダービー
向きの造り。ここは絶好の舞台。


------------------------------------------------
※以下、今回馬体写真ない馬

■ レーヴドリアン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】A 【コース】A 【 距離 】A 【期待値】A
------------------------------------------------
前走「皐月賞の舞台が最も似合わない馬体」としなが
ら、血迷って皐月賞本命とした馬(苦笑。ただ裏を返
せば、それほど期待できる馬体に“強み”ある素材。

三角の首差しに非常に深さのある胸前、四肢長く股関
節の位置も高めと、前後稼動域の広さはメンバー屈指
。ただ牡馬にしては華奢で、四肢の骨量や全体の筋肉
量など、もう少し幅がほしくスケールはまだまだも、
今後伸び白ある。

完全に東京・京都専用のステイヤー体型に近く、個人
的に今回のメンバーで最も好みの馬体。



□「ダービー」最終結論 □
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 予想結論 】◎ペルーサ
○ヴィクトワールピサ
▲レーヴドリアン、ローズキングダム
【 馬券予定 】◎⇒○⇒▲×2(三連単)
------------------------------------------------
【 予想短評 】
とにかく今回のダービー、近年稀に見るハイレベルと
言われ、レース自体も大変楽しみだが、個人的には、
それと同じくらい、今週月曜の週刊ギャロップのペ
ルーサの馬体写真が待ち通しかった。


で、実際に
初めてペルーサの馬体写真を見た感想として



……



……



0コンマ1秒で


ペルーサが勝ち馬だと思った。



以上









と、終わってもいいくらいだが^^
とりあえず、その他についても見解を。



まず、今回の馬体診断で

※現時点(3歳)の馬体未確認の馬

■【東京・京都】向きの馬体
レーヴドリアン
ルーラーシップ
ヴィクトワールピサ
ローズキングダム
ペルーサ
ハンソデバンド
ゲシュタルト
リルダヴァル
メイショウウズシオ※
シャイン


■【中山・阪神】向きの馬体
エイシンフラッシュ
アリゼオ
ヒルノダムール


■【万能・どちらも今ひとつ・不明】な馬体
サンディエゴシチー
コスモファントム※
トーセンアレス
トゥザグローリー
ダノンシャンティ


■【距離2400m】ドンと来いタイプ
レーヴドリアン
ヴィクトワールピサ
ペルーサ
メイショウウズシオ※


■【総合スケール】ある馬体
エイシンフラッシュ
ヴィクトワールピサ
ペルーサ


こんな印象。



本命◎ペルーサ
馬体診断予想始まって以来初の【SS評価】。昨年、デ
ビュー前にニシノメイゲツもその首差しを絶賛したが、
ペルーサは、その他の要素も全て兼ね備えている。馬
体からは、現状のパフォーマンスでは物足りないくら
いだ。

だたダービーは、あの『ザ・パーフェクト』こと、近
年屈指の馬体を誇る、名馬テイエムオペラオーでも負
けたレースではある。



対抗○ヴィクトワールピサ
この馬体で、東京2400mで本命◎にできないことが、
普通では考えにくい。同馬も文句なしで馬体は抜けて
いる。


▲レーヴドリアン
東京・京都専用の馬体。前駆の稼動域はここでも屈指
で、それが逆にストライドが大き過ぎて、現状器用さ
の無さという弱点となっている。が、G1だろうと東
京・京都なら必ず伸びてくる。ナリタトップロードを
思い出す武虎好みの馬体。好位など小細工不要。


▲ローズキングダム
G1馬で人気落ち、東京・京都向きの強みが他より強い
という2点で評価。中間のアクシデントは気になるが、
気にしてもしょうがないのが馬券。


回避ダノンシャンティ
馬体から強靭な筋肉といったSPとパワーの強みで、数
少ない2頭に対抗する武器がある馬。スケールと2400m
の距離がベストでない以上、余程でないと逆転は厳し
いとみていたが、一発の怖さあり出ないことは残念。


他の馬は、このペルーサとヴィクトワールピサの馬体
の枠を超える強みがない。個々はいい馬体の馬がたく
さんいるが、あまりにも2強の馬体が抜けている。



以上、単◎はオッズリミットでNG。3連単◎⇒○⇒▲
×2点か、レーヴ複の応援気味馬券。


過去、ゼノロブロイの前に立ちはだかったネオユニヴ
ァースよりも強大で、タニノギムレット並、いやそれ
以上のスケールある馬体のヴィクトワールピサだが、
ゼンノロブロイ以上の馬っぷりで、シンボリクリスエ
スより断然東京適正があるペルーサなら、歴史を変え
る可能性は高い、とみる。



□ POGネタ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨年同様、ギャロップPOG2歳馬の馬体診断を実施中。

意外な!?ディープインパクト産駒の特徴について
http://ameblo.jp/keibapog/

競馬ブログランキングに参加中〜このブログの評価は?>>人気ブログランキングへ

2010年05月22日

2010 優駿牝馬オークスG1 馬体診断予想

武虎です。

〓 MENU 〓
オークス馬体診断予想
□ POGネタ


□ オークス 馬体診断予想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇当『馬体診断予想』の特徴について
http://batai.taketora3.com/
◇当『馬体診断予想』の独自用語一覧
http://cli.gs/eeW3hd


■ アグネスワルツ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】A 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
骨量豊富で、首位置低めも素軽く水平な馬体ライン。
前駆は小ぶりな造りも、トモの大きめでSP有。東京・
京都ベターの中距離ワンペース型で、スムーズに先行
して善戦まで。

■ アニメイトバイオ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】A 【コース】B 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
この時期の牝馬としては、筋肉のボリュームとバラン
スが素晴らしい馬で、骨格から中距離馬。ただつなぎ
立ち気味で、パワーよりと中山・阪神(内回り)向き。

■ アパパネ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】A 【コース】A 【 距離 】B 【期待度】A
------------------------------------------------
大きなトモが目を見張り、飛節とのバランスもよく文
句なしの絶対SPを誇るマイラー体型。基本東京・京都
向きのパワーもあり、ほぼコース不問。古馬となりさ
らに筋肉量が増えれば、距離に限界が出てくる。

■ アプリコットフィズ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】A 【 距離 】A 【期待度】B
------------------------------------------------
初見では、胴長でかつ四肢も長く中長距離馬のシルエ
ットで、幼くも容量が大きめとスケールを感じたが、
どうも首差しから肩周辺などコンパクトで、まだき甲
が抜けてこない。確かに未完成だが、今後もそれほど
大きく変わらないとみる。東京・京都向きで芝2400m
も合うが、G1を勝ち切るスケールは疑問

■ エーシンリターンズ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
アパパネと同じキングカメハメハ産駒で、馬体の強み
ポイントもトモ飛節と同じと、馬体の長所が似ている
。アパパネのコンパクト版とはいわないが、スケール
は劣るが、器用さはこちらが上。軽さも残しており、
胴づまりだが以外に距離融通性は高い。

■ オウケンサクラ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】A 【コース】B 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
トモ高ながら、首差しから肩・胸前に深さあり、前駆
の造りがよく、距離延長がこたえる馬体でもない。筋
肉のメリハリが自然でバランスがよく、容量も大きめ
とやわらかみあり欠点がない馬体。総合的な良さはメ
ンバー屈指でコースも万能。

■ サンテミリオン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】A 【コース】B 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
少し短めの首差しも、胴伸びあり力強い飛節ややわら
かなつなぎとスケールもある中距離馬。G1で人気を背
負うに足る馬体だが、前腕胸前のボリュームや筋肉バ
ランスから、基本中山・阪神向き。

■ ショウリュウムーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】A 【期待値】B
------------------------------------------------
短背長腹で前後の筋肉量もあり、SPを活かしやすく走
る馬の形。四肢長めと距離も問題ない。ただ、首差し
位置高めで厚く、それでいてき甲が小さめに映り、や
はり加速SPよりな基本中山・阪神(内)向きの馬体。

首高めな馬は追って案外な馬が多く、その意味で同馬
は、前走不利があったからこそ、脚を溜められ爆発力
が活きたとみる。逆に東京など広々としたコースでは
、スムーズに追い出しても、意外と伸びあぐねるタイ
プではないか。

■ シンメイフジ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】B 【期待値】A
------------------------------------------------
肩立ち気味でトモ高と、全体的にマイル前後が向く馬
体シルエット。ただ胸前から胴に幅があり、心肺機能
も高そうと距離の融通性もある。前駆の造りや筋肉タ
イプな面から東京・京都で勝ち切るかは疑問も、股関
節の位置など後脚から、G1でも一発秘める脚がある。

■ トレノエンジェル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
初見。首差し厚く前腕や胸前など盛り上がりがよくパ
ワーを感じる。ただトモが小ぶりで直飛で力強さ今ひ
とつと中山・阪神向き。

■ ニーマルオトメ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
初見。前腕・胸前、トモなど筋肉メリハリよくボリ
ュームあり、胴伸びまずまずで重心低めと中距離馬。
飛節の角度あるも、少し管が短くバランス今ひとつで
、つなぎ短く立ち気味に映り、G1では狙いづらい。

■ ブルーミングアレー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
首差しと全体のバランス今ひとつで、胸前やトモのボ
リュームや直飛から、中山・阪神向き中距離馬。


□「オークス」最終結論 □
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 予想結論 】◎アパパネ
○シンメイフジ
【 馬券予定 】見送り(シンメイフジ複)
------------------------------------------------
【 予想短評 】
3歳牝馬は馬体や気性が未完成で、各馬、馬体のもつ
距離適性によるアドバンテージが活かしにくい。

そのため、気性とスピードの絶対値、コース適性がモ
ノをいうとみる。


まず、今回の馬体診断で

【スピード】色濃いマイラータイプの馬体は
アパパネ
エーシンリターンズ
シンメイフジ
※ギンザボナンザ


【東京コース適性】がある馬は
アパパネ
アプリコットフィズ


【距離】2400mや中距離タイプ
アプリコットフィズ
サンテミリオン
ショウリュウムーン
その他大勢


【総合】的にバランスがある馬体
オウケンサクラ
サンテミリオン



本命◎アパパネ
人気だけに先行でなく差しベター。先週のブエナビス
タのような鉄板ではない。


対抗○シンメイフジ
SPのアドバンテージ高くハマれば。


その他
オウケンサクラは、今期6戦と若駒にしては、タイト
なローテながら全く皮膚の質感など変わりなくやわら
かみを保っている。総合的に最も雰囲気がありスケー
ルを感じG1馬足りえる造り。

が『前走初めて逃げて好走』と馬体以外の数少ない重
要視する“不安”な予想ファクターに該当し様子見。


アプリコットフィズは、先日春天を勝った同じ父産駒
ジャガーメイルに、馬体シルエットが似ている。くし
くも評価やイメージも同じようなモノで、馬体から舞
台適正高いが、G1馬足りえる馬体とは思えない。


サンテミリオンは、G1馬足りえる馬体も基本中山・阪
神向きの造り。勝たれたらしょうがない。


ショウリュウムーンは、前走「誰が見ても距離延びて
オークス良さそう」という内容がいただけない。前日
2番人気が示す通り、こういった馬を本命◎にしてい
ては、トータルで馬券で勝つことは難しい。


エーシンリターンズは、走っても走っても人気になら
ないので、SPの裏付けもあり今回も怖い。

今回馬体写真ないが、ギンザボナンザは桜花賞時、完
成度高くバランスの良さが目立った一馬。どちらかと
言えばマイラータイプであり、折り合えば善戦可能。



以上、苦手な牝馬のレースでもあり、◎アパパネも信
頼今ひとつ。馬体から切れない馬が2頭以上と、馬券
は本来見送りだが、オークスということで、枚数少な
め○シンメイフジ複勝1点参戦。


□ POGネタ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨年同様
週刊ギャロップのPOG2歳馬の馬体診断をアップ予定。


今年は以前からチョットずつ仕込んでいた
こちらのPOG専用のブログで一頭ずつ、随時公開中。
http://ameblo.jp/keibapog/


ちなみに馬体コメントは、
極力アンニュイにしている^^


昨年同様【馬体レーディング】のランキングや
より細かな馬体評価なども、随時公開予定。


アメブロ持ってる人は、読者登録よろしくです。

競馬ブログランキングに参加中〜このブログの評価は?>>人気ブログランキングへ

2010年05月15日

2010 ヴィクトリアマイルG1 馬体診断予想

武虎です。


東京競馬場 芝1600mで行われる
ヴィクトリアマイル」の馬体診断予想です。


□ ヴィクトリアマイル 馬体診断予想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇当『馬体診断予想』の特徴について
http://batai.taketora3.com/
◇当『馬体診断予想』の独自用語一覧
http://cli.gs/eeW3hd


■ アイアムカミノマゴ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】A 【コース】B 【 距離 】A 【期待度】B
------------------------------------------------
クラシック桜花賞の馬体診断本命馬◎。一目見てわか
る重賞級の好馬体の持ち主で、首差しの素軽さもを残
しつつ、胸前が大きめで前腕の盛り上がりもすばらし
い。また重心低めながら、首から腰までのラインがき
れいで距離の融通性もあり、かつトモの大きさも十分
とSPとパワー兼用のマイル〜中距離馬。


■ ニシノブルームーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
三角の首差しに骨量豊富でパワフルな胸前と、斜尻な
トモにやわらかいつなぎと、持続SPとパワー兼用で、
基本中山・阪神向きも不問に近い。レベルの高い馬体
で、常に確実に力を発揮する堅実性もある。


■ ヒカルアマランサス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】A 【コース】A 【 距離 】B 【期待値】B
------------------------------------------------
軽めの首差しや、牝馬らしい股関節が高めの馬体ライ
ンに、前後の肉付きもバランスよい。東京・京都向き
の中距離タイプで、おそらく誰が見ても好馬体と言え
るが、G1で一発となるような“強み”が薄い。


■◎ブエナビスタ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】S 【コース】A 【 距離 】A 【期待値】A
------------------------------------------------
これぞ「ザ・牝馬!」といった、牝馬として理想的な
馬体。近年の好馬体な名牝たちは、ウォッカやダイワ
スカーレットなど男勝りなタイプが多いが、同馬は牝
馬特有の素軽さを最も活かせる造りで珍しい。

素軽い首差しに、胸前の縦幅や肩の長さも文句なしで
、かつ股関節が高く、前後の稼働域が広いストライド
走法を誇る東京・京都ベストの馬体。昨年はのトモ肉
付きが弱かったが、古馬となり前後とも重過ぎない筋
肉がつき、ようやく【Sランク評価】へ。


■ ブラボーデイジー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】B 【期待値】B
------------------------------------------------
胴づまりで上半身にボリュームがあり、重心低めでつ
なぎ立ち気味と、パワーはあるが芝のG1では狙いづら
い。基本中山・阪神向きでダートや道悪プラス。


■ ブロードストリート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】A 【期待度】B
-----------------------------------------------
厚めの首差しに肩立ち気味も、骨量豊富な前後の造り
と筋肉量は素晴らしい。トモも大きめでSPの絶対値が
高く、器用さもある中山・阪神向きの馬体。距離はマ
イル前後がよく、G1実績もある堅実性は魅力だが、ブ
エナとレッド逆転への“強み”今ひとつ。


■ プロヴィナージュ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
初見。肩立ち気味でトモ上付き直飛と中山・阪神向き
のパワーよりな馬体。馬体から東京芝マイルは狙えな
い。ダートはいい。


■ ベストロケーション
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】A 【 距離 】A 【期待値】B
------------------------------------------------
前傾姿勢だが、三角の首差しから胸前が広く、またト
モも大きめと短距離向きのシルエットながら、持続SP
もあり距離適性は1200〜2000mあたりと幅広いタイプ
で東京・京都ベター。


■ ラドラーダ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
初見。トモ高に映る前傾姿勢で窮屈さはないが、筋肉
のバランスなど全体的にコンパクト。馬体にやわらか
みもあり距離の融通性もまずまずも、基本中山・阪神
ベターで東京マイルのG1で勝ち負けは疑問。


■ レッドディザイア
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】A 【コース】B 【 距離 】A 【期待度】B
------------------------------------------------
箱形でいかにもマイラーといった馬体シルエット。前
駆は肩深く、持続SPや心肺機能の裏付けもあり、かつ
筋肉の容量自体も大きい。また後駆は、股関節の位置
が高めで直飛気味と加速SPを併せ持つ。

基本パワーよりだが、東京でもガチンコ勝負のマイル
戦なら問題ない。ただ今回、強靭な筋肉バランスを誇
る同馬が、意外に馬体がやわらかく映り、少し緩い印
象。人気を背負うここより、強い相手の安田記念なら
本命にしたい馬だが。


■ ワンカラット
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】B 【期待値】B
------------------------------------------------
首差し長さまずまずも重心低め、とはいえ短距離馬ら
しい筋肉量でもなく、馬体の特徴がつかみにくい馬。
骨量豊富だが、前駆の筋肉容量は今ひとつ。そのアン
バランスさから、走る条件が限られるタイプで、ペー
ス緩む1400や1800向き。



□「ヴィクトリアマイル」最終結論 □
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 予想結論 】◎ブエナビスタ
○ベストロケーション
▲ミクロコスモス
【 馬券予定 】見送り
------------------------------------------------
【 予想短評 】
ブエナビスタは昨年、馬体から最も適正のない中山
コースの有馬記念でさえ、本命◎1着としたように、
レースを走るごとに、その牝馬らしい馬体に魅力と期
待を感じている馬。

古馬となり、ようやく実が入ってきた馬体と共に、着
実に結果を出している。距離も東京マイルなら問題な
い。負けられない一戦。軸という信頼度では、現役馬
で最も高い馬とみる。


レッドディザイアも、昨年JCで軸向きと高く評価した
ように期待が大きい一頭。がブエナよりパワーよりで
マイルの距離はいいが、東京では人気を背負うより、
人気薄でその“強み”に賭けるほうがいい。

それに、どうも今回の馬体写真にレッドディザイアら
しさがない。鋼のような筋肉のメリハリがあった馬が
、別馬のようなしなやかさだ。前走が海外でかつ、あ
まりにも道中プレッシャーが厳し過ぎるレースと、レ
ッドにしては大敗と言える内容が、尾を引かないとは
言えない。様子見妥当。


クラシックから馬体が目立ち、常に評価してきたアイ
アムカミノマゴは、“期待値ダウン”ギリギリ。馬体
うんぬんより、前走同馬の馬券を見送った以上、ここ
では馬券ロジックからは狙いづらい。


ブロードストリートは、馬体と人気ともに堅実過ぎて
、馬体診断予想では、馬券として成り立たない。


ということで、ブエナビスタ以外に
馬体とオッズから狙える馬は2頭。

スプリントから中距離までこなせそうなSPと心肺機能
の裏付け高い馬体を誇り、一昔前のエイシンバーリン
をチョピリ彷彿とさせるベストロケーション。

そして、昨年馬体は東京・京都専用で、高く評価して
きたいミクロコスモスも当然舞台設定いい。



以上、今回ブエナビスタが勝つとみる。

が馬券は【ブエナ→ベストとミクロ】では、馬単や3
単でもオッズリミット割れ濃厚。またレッドディザイ
アの存在、苦手な牝馬のレースでもあり見送り。


今回、馬体的に東京・京都向きと条件いい馬
------------------------------------------------
ヒカルアマランサス
ブエナビスタ
ベストロケーション
レッドディザイア
ミクロコスモス
------------------------------------------------


□ あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最近ようやくギャロップPOG号を手に入れて、注目の
ディープインパクト産駒を初めてじっくり見た。

その中で、最初のページに掲載のあったトーセンレー
ヴは、ブエナビスタの弟らしい。…で思った。

「姉は姉、弟は弟なのね」…と^^


★POGなどの馬体チェックの方法はこちら
http://cli.gs/jR16gv

競馬ブログランキングに参加中〜このブログの評価は?>>人気ブログランキングへ

2010年05月10日

2010 天皇賞春G1 馬体診断予想

武虎です。


淀の大舞台、京都競馬場 外回り芝3200mで行われる
「天皇賞春」の馬体診断予想です。


□ 天皇賞春 馬体診断予想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇当『馬体診断予想』の特徴について
http://batai.taketora3.com/
◇当『馬体診断予想』の独自用語一覧
http://cli.gs/eeW3hd


■ エアシェイディ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】A 【コース】B 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
首差し厚めも肩が深く、持続SPとパワー兼用の前駆に
加え、トモも大きく飛節やつなぎも次第点。年々筋肉
量が多くなりコース万能に近く、また胴長で重心低め
と中距離馬のシルエット。ただ『高齢馬の切れ味低下
のリスク有』で、現状は素軽い京都より、タフな中
山・阪神ベターか。


■ ジャガーメイル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】A 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
首差し軽く股関節の位置も高めと、牡馬にしては華奢
な馬体。ただバランスいいが、筋肉が丸みを帯びて小
さいタイプと、馬体の容量が少なめでスケールは感じ
ない。京都も素軽い馬体で適性まずまずも、武器とは
言えない。昨年同様G1では狙いづらい。


■ ジャミール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】B 【期待度】B
-----------------------------------------------
首差し短めもそう見せないほどき甲が長めで、前駆の
稼働域もまずまず。かつトモが斜尻で飛節のバランス
もいいと、持続SPの裏付けもある。

また管が短く重心も低めで、コンパクトな馬体から加
速SPや器用さもあり、コース距離問わずコンスタント
に走れるタイプ。ただその分スケール今ひとつ。


■ テイエムアンコール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】A 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
初見。首差しの長さは標準も、き甲が大きく背線のラ
インはなだらか。つなぎも柔らかく持続SPがありなか
なか馬っぷりで中長距離向き。前走阪神で勝っている
が、むしろ東京・京都のワンペースな脚が活きるタイ
プで馬場悪化が得意とも思えない。

馬体から舞台設定まずまずだが、胸前やトモなど丸み
がある反面、どちらも少し縦幅がコンパクトで、飛節
の力強さも今ひとつと、強みの点でもうワンパンチほ
しく、また血統ほどのスタミナを感じない。


■ トウカイトリック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】A 【 距離 】A 【期待度】B
------------------------------------------------
非常に幅広い首差しに深い肩と、前駆の稼働域は広め
で、トモ高な馬体シルエットから基本東京・京都向き
。前走は少し重めだったのが、絞れてきたとはいえ、
同馬も高齢になり、以前の素軽いイメージからパワー
よりな馬体となっている印象。本来なら前走より条件
いい舞台だが、『高齢馬の切れ味低下のリスク有』で
G1軸には狙いづらい。


■ トーセンクラウン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
首差しが薄い割に肩が立ち気味とアンバランス。トモ
小ぶりながら飛節の折り深めで、前後のつなぎも立ち
気味。G1では狙いづらい。


■◎ナムラクレセント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】S 【コース】S 【 距離 】S 【期待度】S
------------------------------------------------
08年菊花賞の本命馬。小顔で特筆すべき首差しの長さ
を誇り、トモも大きめ斜尻と、持続SPの高さは文句な
し。かつ首差しとのバランスからみて、胸前の縦幅の
大きさが素晴らしく心肺機能もある。飛節上部の強さ
もあり、つなぎも長く適度な角度で、ここ3年ほどみ
た現役馬では、同馬こそNo1のステイヤーな馬体。

ただ過去の名ステイヤーたちとの比較で、同馬が未だ
にG1馬足り得ていないように、もちろん弱点がある。
それはステイヤーらしからぬかかる気性と、き甲の長
さ(胸前の深さ)が標準的な点。そのためこれほど長距
離向き要素がありながら、馬体ラインが今ひとつに映
る。レースぶりも荒い。それでも勝ち負けを期待。


■ フォゲッタブル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】S 【コース】A 【 距離 】A 【期待度】A
------------------------------------------------
09年菊花賞の本命馬。長めの三角な首差しで、き甲も
長く胸前も広め。その分背線がしなやかで、胴伸びや
四肢から文句なく長距離馬。つなぎも含め全体のやわ
らかみという点では、良血らしい雰囲気があり、ナム
ラクレセントにはない良さがある。

前後の筋肉量も付き過ぎておらず、基本東京・京都向
きで条件いい。やわらかい馬体から疲労に強く、また
これまでの父産駒にはない軽さがあり、久々も太め感
はない。


■ マイネルキッツ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】A 【コース】A 【 距離 】A 【期待度】B
------------------------------------------------
09年天皇賞春の本命馬。特筆すべき首差しから背中の
ラインを誇り、前駆の上下振動は素晴らしく、持続SP
の高さがうかがい知れる。いかにもステイヤーらしい
馬体バランスを誇る。

ただトモ上付きで飛節が直飛と、後肢自体は加速SPの
要素が強い。その分器用もありそうだが、前駆の良さ
を活かし切れない面もあり、人気で軸は狙いづらい。
また少しではあるが首下の脂肪も気になる要素だ。


■ メイショウベルーガ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
首差しや胸前、トモなども大きめで、スピードの絶対
値も高く、心肺機能もまずまず。ただ牝馬ながら骨量
豊富で幅がある馬体から、牡馬相手の3200mは長い。


------------------------------------------------
※以下、今回馬体写真ない馬は自動的に消し。

■ ベルウッドローツェ ※今回馬体写真なし
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
首差し長めで背線自体はステイヤーのそれも、筋肉量
多めで、腹回りや股関節の位置など重心が低く下半身
が少し重い印象。つなぎ長めと持続SPは高そうで、前
走よりコース条件はいい。


■ メイショウドンタク ※今回馬体写真なし
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
首差しがきれいで、東京・京都向きの好みの長距離タ
イプで一発秘める武器ある。ただ後肢が甘く、ハマっ
てどこまで。


■ エアジパング ※今回馬体写真なし
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
胸前など大きく心肺機能はそれなりも、肩が立ち気味
で筋肉量も多め、直飛と基本中山・阪神向き。



□「天皇賞春」最終結論 □
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 予想結論 】◎ナムラクレセント
○フォゲッタブル
【 期待値↓ 】マイネルキッツ(当日4番人気以内)
【 馬券予定 】ナムラC単or3連単複◎-○総流し予定
------------------------------------------------
【 予想短評 】
今回のメンバーでステイヤーの馬体は2頭。ナムラク
レセントとマイネルキッツだ。

ナムラクレセントは、3歳クラシック時からその馬体
に惚れ込み、08年菊花賞で本命◎にした馬。菊の舞台
では現代型の長距離タイプのオウケンブルースリに、
後塵をきっしたが、それでも春の天皇賞はこの馬だと
見込んでいたが、昨年は賞金不足。ようやく今年待ち
に待った2年越しの舞台。文句なしに本命◎だ。


マイネルキッツは、そのナムラクレセント不在で意気
消沈していた昨年の春天皇賞で、馬体を初めてみてス
テイヤーと確信、本命◎とした馬。当然今年も馬体か
ら文句なしの舞台だが、昨年は12番人気で今年はおそ
らく上位人気。しかも“期待値ダウン馬”に該当と、
当然ながら馬券的に、本命◎対抗○評価はできない。


1番人気フォゲッタブルは、昨年の菊花賞の本命馬◎
と、馬体は現代型の長距離馬でスケールも大きい。

が、昨年の菊花賞時にも書いたが、生粋のステイヤー
ではなく、こうした馬を負かすとすれば、やはり生粋
のステイヤー。そこで菊では、スリーロールスを指名
したわけだが、今回もそれと同様フォゲッタブルを負
かせるステイヤーの存在が立ちはだかるとみる。


他、馬体からも堅実派ジャガーメイルとジャミールも
、G1の舞台でステイヤー相手に軸足りえない。

また舞台適性まずまずのトウカイトリックやテイエム
アンコールも同様。馬体写真ないメイショウドンタク
、ベルウッドローツェはおもしろいが、今回馬体写真
なく狙いづらい。


馬券はオッズリミット次第も、ナムラクレセント単1
点かフォゲッタブルとの3連単複の総流し予定。

レース前のアドレナリン全快なつぶやきはtwitterで
http://twitter.com/paddockroom

期待値がわからない方はこちら(記事中段〜)
http://cli.gs/qdRqt9


------------------------------------------------
※注意;個人的に全く当たらない牝馬のレースとは違
って、ステイヤーによる波乱はことごとくしとめてい
る菊花賞とこの春の天皇賞。

武虎は“ステイヤーの馬体フェチ”であり、しかも今
回は、2年以上待ちに待ったレースと、先の仁川Sモン
テクリスエスのダート代わりの一戦同様、自信満々で
、モチベーションが上がりに上がっている^^

が、あくまで普段通りの参考程度にしてほしい。


今回強気に攻めれるのは、個人的にナムラクレセント
を本命◎にして、すでに過去一度、菊花賞で十分なリ
ターンを頂戴しているからに他ならない。


馬体はあくまで馬体でしかなく

私武虎の自信度や勝負度合いは
あくまで私自身のこれまでの流れの中でのこと

あなたの馬券や勝負度合いには一切関係ない。


『競馬に絶対はない!』というリスクを忘れず
あなた自身のスタンスでの春天的中を願っている。

GOOD LUCK!


□ 次週特集号予告「作られた馬体の見方(仮題)」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あなたの馬体の見方は【馬体印象】か【馬体診断】
か?その違いにおける背景やメンタル心理的な矛盾を
解き明かす。

前回記事『【馬体印象】と【馬体診断】の違い』
http://cli.gs/yEH1BE (記事中段〜)

競馬ブログランキングに参加中〜このブログの評価は?>>人気ブログランキングへ

2010 青葉賞 馬体診断<当歳&デビュー前>

武虎です。

東京競馬場 芝2400mで行われる
ダービートライアル「青葉賞」の出走馬について

今回馬体写真がないため
各馬<当歳時やデビュー前の馬体写真>をもと

【馬体印象】と【馬体診断】の両面を解説。


〓 MENU 〓
□ 「青葉賞」馬体チェック
□ 【馬体印象】と【馬体診断】の違い


□ 「青葉賞」馬体チェック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇当『馬体診断予想』の特徴について
http://batai.taketora3.com/
◇当『馬体診断予想』の独自用語一覧
http://cli.gs/eeW3hd


■ ペルーサ ※当歳時
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
--【馬体印象】--
パッと見てわかる皮膚の質感の良さ、また澄んだ大き
な目から新陳代謝といった内臓面の良さもうかがえ、
かつ品のある端正な顔立ちから、走る馬のと雰囲気と
賢さを併せ持つ。気の悪さとは無縁だろう。


--【馬体診断】--
何と言っても首差しの{ライン・バランス・力強さ}
が素晴らしく、かつ後肢のトモから飛節の{角度や骨
量、バランス}も文句なし。つなぎも長さがあり球節
も力強い。また足元も含め骨量も十分で、立ち姿が力
強く重心の偏りもなく脚元の不安も見られない。2600
万円でこのレベルは考えられないと思ったら、上の馬
との見間違いで1億円だった(苦笑……納得。

当歳ということでコースや距離適性の判断は少し難し
いが、胸前の深さや飛節の形などから、マイルから中
距離と幅広く、東京・京都ベターも万能に近いタイプ
になりそうだ。



■ トゥザグローリー※デビュー前2歳時
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
--【馬体印象】--。
昨年、週刊ギャロップのPOG特集号でデビュー前の馬
体写真をチェックしたのをおぼえている。一応まずま
ずの評価でピックアップした1頭だが。おそらくどこ
かで馬体評価を書いた気がするのだが…。

最もハンサムな顔つきといった印象だったのが同馬。
今回の写真でもそれは同じで、良血らしい雰囲気があ
り、賢く従順そうでいい馬だ。全体のラインもやわら
かみがあり雄大な馬体だ。


--【馬体診断】--
大柄で骨量が豊富ということを加味しても、2歳時と
しては全体的に重い造り。首差しやボテッと映る腹回
りのシルエットなど、仕上げに時間がかかるだろう。

現時点でどの程度の仕上がりなのか、見てみたいが、
雄大な馬体の割に、首差しが厚過ぎる印象で、き甲も
抜けておらず、飛節の力強さも今ひとつと、この時期
重賞では勝ち切る素軽さと完成度には思えない。



■ コスモエンペラー※1歳時
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
--【馬体印象】--
目も丸く面長でおっとりしたタイプか。首回りや四肢
の乾燥度もいい。前肢もまっすぐ地面に着地しており
、重心も安定している。ただ球節の骨量がもう少しほ
しい。


--【馬体診断】--
小顔で首差しに軽さがあり肩も深め。トモも斜尻で飛
節とのバランスもいい。つなぎも長さがありやわらか
く、芝の中長距離で頭角を現しそうな馬体シルエット
。おそらく加速SPよりも持続SPに優れた東京・京都向
きではないか。個人的に好みの馬体で、これで350万
円は安すぎる印象。



■ ハートビートソング※デビュー前2歳時
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
--【馬体印象】--
おっとりした雰囲気で、かつ顔のバランスよくアゴ張
りもしっかり発達している。四肢を含め全体の骨量も
豊富と、カイ食いよくしっかりと鍛えられそうで、意
外と仕上げ易いタイプだろう。


--【馬体診断】--
首差しに力強さもあり、胸前のボリュームや肩の深さ
もある。トモの大きさは標準的だが飛節も力強くつな
ぎもまずまず。上体の割に少し重心が低く映る。パ
ワーと持続SPの良さもあり、コース不問で、堅実に自
分の能力を発揮するタイプか。



■ ブルーグラス※デビュー前2歳時
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
--【馬体印象】--
立ち姿が乱れており、かつ四肢の骨量などが馬体の割
にさびしく大型馬からも仕上げが難しいか。毛ヅヤも
今ひとつ。


--【馬体診断】--
斜めアングルでわかりづらいが、四肢の骨量、管が細
めでトモもさびしい。筋肉のメリハリも今ひとつと、
欠点ばかりが目につくが、唯一首差しと肩端の位置か
らも非常に胸前に縦幅がある。首が高く厚さもあるた
め、首使いにも問題ありそうだが、心肺機能はなかな
かではないか。



■ エクセルサス※デビュー前2歳時
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
--【馬体印象】--
ご存じ昨年、週刊ギャロップのPOG特集号でデビュー
前の馬体写真から、牡馬ナンバー1評価をした馬。

面長な顔立ちはコジーン〜カロ〜フォルティノの血そ
のものでおっとりした気性がうかがえる。毛ヅヤの質
感もよく馬体ライン含め美しい馬の雰囲気がある。


--【馬体診断】--
三角の首差しに深めの肩、背線ラインも素晴らしく、
馬体シルエットは名馬のそれ。胸前の縦幅もあり、か
つ筋肉も丸みでなく、容量の大きさがうかがえる適度
な量。四肢がスパッと直線的に長く、いかにも距離が
延びてこそといったクラシック向きの馬体。

デビュー戦のパドック動画からも、歩様の後肢の踏み
込みに堅さがある。トモの肉付きもまだまだで、未完
成で身体を持て余している印象。


------------------------------------------------

青葉賞の最終結論は、週末のブログかtwitterにて
http://twitter.com/paddockroom

青葉賞の各馬の馬体写真
http://cli.gs/WbG25L



□ 【馬体印象】と【馬体診断】の違い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は参考にした馬体写真が
すべて<当歳時やデビュー前>のものであったため


【馬体印象】と【馬体診断】の両面から解説したが
この違いについて、以前も書いたが今一度解説を。



【馬体印象】とは
------------------------------------------------
・調子や気配といった“目に見えない”部分を判断
・“平均以上に走る馬”を見抜くのに有効
・相馬眼のない、馬体を見れない人でも可能


★メリット
・セリや一口馬主など“走る”馬の判断に有効
・誰でもできる
・【馬体診断】だけで見抜けないモノが見抜ける

☆デメリット☆
・個人的主観が最優先で、客観性に乏しい
・一貫した基準や体系化が難しい
・プロでも難しいという事実がある
・“目前のレースに走る”馬の判断に使いづらい
・馬券ロジック的には使えない

------------------------------------------------


【馬体診断】とは
------------------------------------------------
・馬体の形や特徴といった“目に見える”部分を判断
・馬の“走りやすい条件や適性”を見抜くのに有効
・相馬眼があり、馬体を見れる人が可能


★メリット★
・セリや一口馬主など“走る”馬の判断に有効
・“目前のレースで走る”馬の判断にも有効
・できる人が少数と、オッズ的に恩恵を受けやすい
・あくまで客観的基準を優先した上での、主観的判断
であり、一貫性や体系化がしやすい
・馬券ロジックに使える

☆デメリット☆
・『馬体の見方』の基本であり、それなりに学ぶ労力
と時間が必要となる

------------------------------------------------


結論から言えば、私武虎は

【馬体印象】と【馬体診断】

どちらも長所と短所を併せ持ち
ともに大事な『馬体の見方』だと思っている。


『どちらが正しい、どちらが優れている』
そう言ったモノでは決してない。


ということを大前提とした上で



もし、あなたが馬券につなげる予想法としての
『馬体の見方』を考えているならば


【馬体印象】ではなく
【馬体診断】の見方で行うべきだ!


そう考えている。


いや、むしろ


【馬体印象】で予想していては、長い目でみた場合
馬券で勝つ可能性は限りなくゼロに近い。


とさえ思っている。
(確信している)



これは、先に挙げた
【馬体印象】と【馬体診断】の違いにおいて

------------------------------------------------
・主観性と客観性の優先順位の違い
・気配や状態という“単なる個体という枠内”での判
断と、適性や条件といった“環境とあわせた枠内”で
の判断の違い
・長いスパンでの運用における一貫性
・基礎である【馬体診断】あっての【馬体印象】
------------------------------------------------

こうした理由だけでなく


------------------------------------------------
【馬体印象】だけで予想する人と
【馬体診断】を優先する人

そこに潜む、背景やメンタル心理的な矛盾
------------------------------------------------

これが決定的かつ大きな理由だと言える。


【馬体印象】と【馬体診断】
その違いにおける背景やメンタル心理的な矛盾とは?


……


……


次回、特集号メルマガにて^^

競馬ブログランキングに参加中〜このブログの評価は?>>人気ブログランキングへ

2010 アンタレスS 馬体診断予想

武虎です。

京都競馬場 ダート1800mで行われる
「アンタレスS」の馬体診断予想です。

今回から【(好走)期待値】という項目を【期待度】
に名称変更。
理由として“期待値”という馬券ロジッ
クにおける重要な指標と誤解を招くため。


□ アンタレスS 馬体診断予想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇当『馬体診断予想』の特徴について
http://batai.taketora3.com/
◇当『馬体診断予想』の独自用語一覧
http://cli.gs/eeW3hd


■ シルクメビウス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】A 【 距離 】A 【期待度】B
------------------------------------------------
全体的のバランスよく、コンスタントに走り乱戦に強
く、またダート馬らしからぬ素軽さが武器。筋肉量な
どまだまだだが、それが強みでもあり休み明けも動け
るタイプ。飛節深めで東京・京都向き。


■ トランセンド
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】A 【コース】A 【 距離 】A 【期待度】A
------------------------------------------------
小顔で首差し長め、肩のラインからも前駆の稼働域や
素軽さを感じる。四肢も長く筋肉量も適度で、ダート
馬よりも芝馬のイメージが強い。ただ飛節のバランス
と力強さが今ひとつ。断然東京・京都向き。


■ フサイチセブン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】S 【コース】B 【 距離 】A 【期待度】A
------------------------------------------------
トラセンド同様、昨年初見で「間違いなく重賞級」と
判断したがタイプは全く違う。誰の目にも明らかな
ダート馬といった強靭過ぎる首差しや胸前など驚異的
な筋肉量。トモや飛節の造りも力強い。ただパワーが
あり過ぎることで、中山・阪神ではパワーに問題なく
とも、小回りより広いコースが合うと、後手を踏まな
ければコース不問。


■ マコトスパルビエロ ※不出走
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】A 【コース】S 【 距離 】B 【期待度】A
------------------------------------------------
非常にき甲が大きく肩が深く前駆の稼働域は抜群に広
い。また飛節も曲飛気味で力強く、持続SPに強みをも
つ完全な東京・京都向き。馬体から、先行できれば簡
単にバテない武器があるが、後手を踏むと厳しい。今
回少し腹回りに余裕がある。


■ マチカネニホンバレ ※不出走
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】A 【コース】B 【 距離 】A 【期待度】A
------------------------------------------------
初見。三角の首差しに流線形の背線ラインとやわらか
みがある。一見“背タレ”にも見えるが、これはき甲
の位置が単に高いもので、胴自体のラインは水平でそ
れほど気にする必要はない。また前後の筋肉のメリハ
リが文句なしで、かつ全体のバランスもよく基本中
山・阪神ベターだがコース不問に近い。


■ ワンダーアキュート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】A 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
肩のラインはくっきりしているが、首差しの形やき甲
から、胸前は素軽さがある。短背長腹でスピードの裏
付けが高く。パワー過ぎない造りから東京・京都のSP
ダート向きで距離もマイル前後がいい。


□「アンタレスS」最終結論 □
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【馬体ランク】S(フサイチセブン)
A(トランセンド)
【コース適性】A(シルク、トラン、ワンダーA)
【 距離適性 】A(シルク、トラン、フサイチS)
【好走期待度】A(トラン、フサイチS)
------------------------------------------------
【 予想結論 】なし
【 馬券予定 】クリールパッション思い入れ複勝
【 予想短評 】
前日1番人気トランセンドは、フサイチセブンととも
に、昨年夏の新設重賞のレパードSで初めてみて、と
もに「一目で重賞級」と馬体診断した馬。
>昨年の新設重賞レパードS馬体診断


両馬とも、その馬体の良さに見合った通りにしっかり
と成績を積み上げてきたが、その馬体は両極端。トラ
ンセンドはダート馬らしからぬ素軽さ、フサイチセブ
ンはこれ以上ないほどのダート馬としての力強さを誇
る。

舞台設定はトランセンドに有利も、ダート馬らしいス
ケールの大きさは、気持ちフサイチセブンが上か。


昨年からこの2頭に加え、エスポワールシチーに対抗
できる馬体とみている馬アドマイヤスバルを当初本命
◎と考えていたが、どうやら不出走。


他、持続SPとスタミナ抜群で、距離不足の感も東京・
京都では常に怖いマコトスパルビエロや、軽いスピー
ド競馬にむくワンダーアキュートと、有力馬が舞台設
定よく馬体から明確に消しづらい。
(※マコトも不出走)


唯一、休み明けも苦にせず舞台もいいが、おそらく今
回“期待値ダウン”となるシルクメビウスが、本命◎
を打てないくらいだ。


以上、当初の本命◎アドマイヤスバルの不在、かつス
ケールが大きなトランセンドとフサイチセブンの2頭
が人気だが、大きな割引き要素も少なく、有力馬で消
える馬が少ない。

しかも馬体写真のある馬が不出走3頭もいて、本来な
ら馬券は見送りだが…。


一頭だけ、2頭にスケールはおよばないが、まだまだ
【馬体>実績】で昨年来から狙い続けているクリール
パッションがオッズから狙い目で思い入れ馬券投入。

------------------------------------------------
フローラSの馬体診断予想はブログにて
http://cli.gs/YeTHDX

“期待値”とは、好走ができる度合い
いわゆる“(好走)期待度”では決してない
http://twitter.com/paddockroom


□ あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最近、気になった競馬商材を試している。

馬券ロジックは誰にでも共通するものだが
予想理論は100人いれば100通りある。

そのうちレビューなども書いてみようと思う。

競馬ブログランキングに参加中〜このブログの評価は?>>人気ブログランキングへ

2010年05月08日

2010 NHKマイルカップG1 馬体診断予想

武虎です。


東京競馬場 芝1600mで行われる
NHKマイルカップ」の馬体診断予想です。


□ NHKマイルカップ 馬体診断予想
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇当『馬体診断予想』の特徴について
http://batai.taketora3.com/
◇当『馬体診断予想』の独自用語一覧
http://cli.gs/eeW3hd


■ エイシンアポロン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
太く丸い首差し胸前の縦幅がコンパクト、全体の筋肉
バランスや前傾姿勢から中山・阪神(内)向きの短距離
向き。飛節も力強く斜尻なトモから、SPの絶対値高く
、持続SPそれなりと東京で大きく割引くほどでもない
。が東京マイルへのスタミナや持続SPは今ひとつ。


■ ガルボ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】A 【 距離 】B 【期待度】A
------------------------------------------------
首差し素軽く、曲飛気味でつなぎをやわらかい。背線
ラインからも、完全に東京・京都向き。ただ前後の肉
付きから容量少なめコンパクトな馬体で、ガチンコ勝
負のマイルより1800m辺りがベストか。


■ キョウエイアシュラ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
重心低く胴づまりで直飛気味、前後の筋肉量も豊富と
、パワーと加速SPに優れた、まさに短距離馬。ただき
甲と胸前の幅が大きく、稼動域の広さやスタミナの裏
付けがあり、意外に距離融通性は高い。

基本中山・阪神(内)回り向きだが、SPとパワーと心肺
機能の裏付けから、大崩しにくい。人気ではスケール
今ひとつで狙いづらいが、強みある馬体で、強い相手
の一発(着)向き。


■ コスモセンサー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】A 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
初見。首差し軽くき甲が長めでトモ高なシルエット。
基本東京・京都での持続SPあるワンペースタイプでマ
イルより1400や1800向き。筋肉量や飛節の力強さ普通
で、つなぎも短めとスケールは今ひとつでスムーズで
善戦まで。


■ サウンドバリアー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
前走少し斜めからの撮影で、硬めに映った肩周辺も今
回窮屈な印象はない。ただ短めな首差しで肩のライン
が短め、上付きのトモや直飛から、やはり加速SPより
の中山・阪神(内)向き。


■ サンライズプリンス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】A 【コース】A 【 距離 】B 【期待度】B
-----------------------------------------------
き甲を中心とした前後のバランスや四肢から、まだま
だ背が伸びそうな造りと現状幼く未完成な馬体。き甲
が抜けていないため、長めの首差しの割に肩の深さが
今ひとつに映る。斜尻なトモつなぎのやわらかさなど
基本東京・京都向き中長距離馬の馬体シルエット。前
走より条件いい。


■ ダイワバーバリアン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
首位置高めでつなぎ立ち気味、重心低めと常に芝の
レースでは勝ち切れないタイプ。胸前やトモの筋肉量
やバランスよく、背線も柔らかみがあり距離コースと
も問わないが、強みが薄く常に馬体的に狙いづらい。


■ ダノンシャンティ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】A 【期待度】A
------------------------------------------------
首差し若干短めも、き甲が大きめと窮屈さはない。前
腕から胸前の筋肉量やメリハリが素晴らしく、胸と胴
の縦幅もある。トモも下付きで大きく張り良しで、馬
体の容量は大きく、SPの絶対値やパワーはここでは抜
けている。

筋肉質な箱形の馬体からも基本前後がマイルはベスト
も前駆は稼働域が広めで、心肺機能の裏付けもあり距
離の融通性は高い。現状はコースを問わないが、これ
以上筋肉マンとなれば、東京・京都や中距離では狙い
を下げたい。


■ トシギャングスター
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
首位置高め少し短く肩も浅い。前腕から胸前や上付き
のトモの丸みからも加速SP向き。飛節やつなぎから持
続SPもまずまずで、基本中山・阪神向きも東京・京都
で割引き少め。ただやはり重心低めで丸みある筋肉バ
ランスから、芝G1東京マイルでは狙いづらい。


■ リルダヴァル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】A 【 距離 】A 【期待度】B
------------------------------------------------
首差し標準だが全体のバランスからは短めで、胴伸び
あるが、前後が丸みある筋肉質で、マイル〜2000前後
がベスト。ただ前後の筋肉がつく馬体容量や、胴回り
からも心肺機能は普通。トモから飛節までの長さバラ
ンスから持続SP向きも、つなぎの長さや角度が今ひと
つ。現状東京・京都向きで前走より条件いい。

毛ヅヤ皮膚が薄めに映り、背線ラインからも雰囲気が
ある馬で、今後体高が伸びれば化けそうだが、おそら
くはこのままの馬体シルエットで筋肉量が増え、適性
もパワーよりとなり、スケールUPとはならないのでは
ないか。


■ レト
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】B 【コース】B 【 距離 】B 【期待度】B
------------------------------------------------
首差し軽くき甲が抜けており、完成度まずまず。肩が
浅く前腕の周辺の筋肉や、大きめのトモ・直飛から加
速SPよりで中山・阪神向き。


------------------------------------------------
※以下、今回馬体写真ない馬は自動的に消し。


■ エーシンホワイティ ※シンザン記念時の写真
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】A 【コース】A 【 距離 】A 【期待値】A
------------------------------------------------
一目でわかる東京・京都向きな好馬体の持ち主。前後
の筋肉量やその容量も大きく、かつトモの大きさや、
飛節までのバランスも申し分なし。前走本命◎は自信
があったが、今回も舞台設定はいい。一介のスプリン
ターではなくマイルも十分こなせるはず。


■ ニシノメイゲツ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ランク】S 【コース】A 【 距離 】A 【期待値】A
------------------------------------------------
ご存知<デビュー前2歳馬の馬体診断>で牡馬トップ3
の一頭とした馬。

すばらしい首差しのラインを誇り、き甲も大きめで肩
も深く稼動域の広さがある。飛節のバランスやつなぎ
のやわらかさからも、持続SPの裏付け高く、断然東
京・京都向き。胴詰まりでマイラー体型だが、背線の
やわらかみなどからも融通性はまずまず。

ただ馬体の素晴らしさと反して、これまで前半からカ
カる気性と『馬体と気性がアンバランス』。また唯一
トモの造りが上付きで、これまで一線級相手でSP負け
している感がある。ハマる展開でないと厳しい。


■ シゲルモトナリ ※1歳時の馬体写真参考
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
首差し長めで肩の深さもまずまず。胴伸びあり距離的
にはまだまだ伸びてもやれる。飛節やつなぎの角度も
まずまずで、全体的に薄手の東京・京都向き。



□「NHKマイルカップ」最終結論 □
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【 予想結論 】◎ニシノメイゲツ
○エーシンホワイティ
【 馬券予定 】エーシンホワイティ複(ニシノ単)
------------------------------------------------
【 予想短評 】

くしくも今回馬体写真ない3頭が高評価。

基本、馬体写真がない馬は見送りとしているが、ニシ
ノメイゲツとエーシンホワイティ2頭については、近
走の馬体が把握できているのでそれほど問題ない。

シゲルモトナリは、1歳時の馬体写真でもあり、馬体
診断予想としては自動で消し。ただ、おそらく成長し
た今も、断然東京・京都向きで、距離も中距離までい
けそうと舞台設定はいいはずだ。



本命◎はニシノメイゲツ。(思い入れ応援)
馬体診断としても客観的に舞台はベストに近い。ただ
『気性と馬体がアンバランス』で軸ではなく単向き。

デビュー前からの思入れがあり、条件よく同馬の馬券
を買わざるをえないが、先の春天ナムラクレセントほ
ど、馬体的自信度にない。


対抗○はエーシンホワイティ。
前々走ファルコンSで馬体写真なくても、本命◎3連複
的中したように、初見から一目で「重賞級」とわかる
好馬体。東京・京都向きで、マイルが苦になるとは思
えない造り。今回はニシノメイゲツの応援ということ
で、馬券的にも実質同馬が本命◎。
~~~~~~~~~~~~~~~~~


〜人気馬について〜

1番人気ダノンシャンティは、ここでは抜けたSPの絶
対値とパワーを誇る馬体。【馬体スケール】もAと迷
った。が、今後松国厩舎からも、より筋肉質となりそ
うで、そうなった場合、現時点で馬体の造りが、厩舎
先輩クロフネやタニノギムレット、キングカメハメハ
ほどの軽さがなくBにとどめた。ハイペースの場合は
信頼性が落ちる。


2番人気サンライズプリンスは、ダノンシャンティと
は逆で、現時点で東京マイルを勝ち切る完成度に思え
ない。東京・京都向きで前走中山マイルを勝ち切った
ことは驚きだが、未完成でもここを勝つような大物に
しては、現状馬体が物足りない。ただ【馬体スケール
】は将来いい成長ができる造りとしてA。


3番人気リルダヴァルは、総合的にいい馬も、馬体か
ら強みが今ひとつ。



以上、人気馬3頭がオッズほど抜けていない。ダノン
は負けてもそれなりに格好をつけられる馬体完成度だ
が、残り2頭は馬体が甘く過信禁物。


馬券は、実質本命◎エーシンホワイティの複勝。ただ
馬体写真なく枚数少なく。


週明けから東京・京都向きで名前を挙げたガルボは、
エーシンホワイティと本命◎で迷うも、馬体の“強み
”とオッズからエーシンホワイティを上位に。


今回、馬体的に東京・京都向きと条件いい馬
------------------------------------------------
ニシノメイゲツ
エーシンホワイティ
シゲルモトナリ
ガルボ
コスモセンサー
サンライズプリンス
リルダヴァル
------------------------------------------------

『馬体の見方』を幕末的思想で判断
http://cli.gs/GJd2S2

競馬ブログランキングに参加中〜このブログの評価は?>>人気ブログランキングへ